ポチ丸のブログ

ポチ丸とその家族の旅行記をテーマとしたブログです。

スペイン旅行 2日目

旅行2日目です。普段、朝食はホテルで食べることが多いですが、今回はあるものを食べたかったので朝食はパスしました。とりあえず外に出ました。朝8時ぐらいなのにまだ少し薄暗いです。


向かったのはChocolateria San Ginesというところです。オーダーしたのはこれです。


ホットチョコは濃厚で、チュロスもさくさくしていて美味しかったです。このセットで4ユーロです。


店の外観です。24時間営業ですが、朝8時ぐらいだと空いています。夜は行列が出来ています。


腹ごしらえをしたあと、とりあえずプエルタ・デル・ソルまで行き、そこからマヨール広場まで散歩することにしました。


マヨール広場です。朝早いのでほとんど人がいませんでした。


マヨール広場の北西方面の出口を出るとサン・ミゲル市場があります。観光地化しており、値段も高いため私は眺めるだけでした。


プエルタ・デル・ソルまで戻ってきました。


熊とヤマモモの像です。


Sol駅からセルカニアスでエル・エスコリアル修道院まで向かうことにしました。

運賃は片道4.05ユーロ。


セルカニアスの車体です(@Sol駅)。


セルカニアスの車内です。そんなに混んでませんでした。


エル・エスコリアルの駅に到着しました。ここから修道院に向かいます。と言っても観光客らしき人は全く見かけず、どっちに行ったらいいのかわかりませんでした。修道院の絵がかいてある看板があったので、とりあえず改札を出て左手に出ました。駅を出るとこんな感じのところに出ます。正面に道路が続いているので、駅を背に直進します。


少し歩くと少し大きめの通りにぶつかります。そこに写真のような案内があるので、ここを右手にずっと進みます。Monasterioというのが修道院なんだと思います。


ひたすら歩きますが、歩行者なんてほとんどいないので合っているのかわかりませんでした。また、登り坂なので楽ではないです。でもこの道で合っていたようで、無事修道院に着くことができました。


修道院の外観です。思った以上に大きいです。


修道院の内部です。ちなみに内部への入場料は10ユーロでした。大航海時代の当時を思わせる絵画などがたくさんあるのが特徴的でした。


内部見学を終えた後、修道院の別の角度から外観を眺めてみました。


ある程度観光したので、また駅に向かうことにしました。帰りは下り坂なので少し楽です。


こんな感じの道を通ります(行きと一緒)。


スムーズに駅にたどり着きました。セルカニアスを使ってまたSol駅まで戻ります。帰りの電車も空いていました。


車窓です。


Sol駅に着きました。セルカニアスは市内では地下鉄と同様、地下を走っているので、地上まで登る必要があります。


Sol駅に戻ってきました。お腹が空いたのでランチにしました。チェーン展開している有名店Museo del Jamonに行きました。店内には肉がたくさんぶらさがっています。


定食(Menu Dia)を食べることにしました。前菜とメインを選びますが、前菜はごはん系が食べたかったのでパエリアを頼みました。なお、ランチタイムの定食は飲み物とパンが付いて8.9ユーロなのでお得です。


メインはトマトという文字が見えたので、よくわからないけれどそれを選びました。


出てきたものは豚足のようなものにトマトソースがかかっているものでした。独特の歯ごたえと匂いがする曲者で私の口には合いませんでした。私は海外の料理でもだいたいのものは食べられるのですが、これは半分も食べずにギブアップしました。


お腹がいっぱいになったので、いったんホテルに戻ってひと休みすることにしました。ここでホテルの紹介です。宿泊したのはFranciscoⅠというところで、一泊60ユーロ程度(朝食抜き)でした。


客室内です。


バスルームです。


ホテルの窓からみた風景です。


ロケーションがよく、部屋も清潔で、かつローコストということで、総評するとなかなかいいホテルでした。スタッフは年配の男性が多かったですが、良くも悪くも干渉しないスタンスだったのが私には合っていました。なお、チェックイン時に少量ですがオレンジジュースのサービスがあったのも好印象でした。


ひと休みしたあと、また観光に出ました。向かったのは王宮です。王宮に行く途中にあったオリテンテ広場です。


王宮の外観です。大きいけれどそれほど歴史を感じる建物ではなかったです。



王宮の内部です。内部への入場料は11ユーロでした。なお、一部を除いて内部の撮影は禁止です。内部は豪華な装飾品がいっぱいあり、なかなか見応えがありました。


内部見学を終えた後、外観をもう一度眺めてみました。


王宮を観光後は王宮の正面にあるアルムデナ大聖堂に行くことにしました。


アルムデナ大聖堂の内部です。内部見学は基本的には無料でできます(寄付は募っているので、数ユーロ寄付しました)。


アルムデナ大聖堂を観光後は徒歩でスペイン広場に行きました。町中にある公園みたいなもので、これと言って何もないので時間がなければパスしていい観光地だと思います。


スペイン広場のベンチでひと休みしたあと、デボッド神殿に行きました。この時点ですでに18時を過ぎており、内部見学はできませんでした。


デボッド神殿の西側付近から眺めた王宮です。


18:30頃になったのでソフィア王妃芸術センターに行くことにしました。ここもプラド美術館同様、閉館の2時間前(平日だと19:00~)は入場無料になるので、それを狙っていきました。なお、正規の入場料は8ユーロです。ソフィア王妃芸術センターの最寄り駅はアトーチャ駅になります。アトーチャ駅の外観です。


プラド美術館同様、無料入場のため多少並びますが、プラド美術館の比ではなく、5~10分で中に入れました。


ピカソやミロの絵が多いです。たまたま撮ったミロの絵です。


建物から見た外の風景です。すっかり日が暮れてきました。遠くにアトーチャ駅が見えます。


鑑賞中、映像ルームで映画の「アンダルシアの犬」がやっていました。以前に観たことはありましたが、休憩がてら全部観ることにしました。上映時間は20分程度の短い映画ですが、相当インパクトがある作品です。


もちろん、ゲルニカも忘れずに観ておきました。かなり大きな作品なので見応えがありました。


鑑賞後、すでに21時近くになっていたので、地下鉄でホテルに戻ってしまいました。ランチをたっぷり食べたこともあり、あまりお腹が減っていなかったので、夕飯は軽くサンドイッチを食べた程度でそのまま就寝しました。


本日はここで終了です。